作家紹介


 佃 鈴江  Suzye Tsukuda  織     浜松在住

 
 

 織るコトが大好きで、主にタペストリーを毛糸、絹糸、綿、布など素材を使い、色も色々絵を描くように織っています。アトリエ・スージー(織教室)主宰


 宮城 照己   Terumi Miyagi   絵画(水彩)     豊橋在住

 

 水彩画における絵の具、水、紙、この3つの関わりは(感じる)ことに通じるものである。人間の五感で表現し、絵を通して人々の感性を養う。特に物にさわって感じた温度、または心地、質感など自由に表現した絵の中に作者はいるか。その人の個性を絵の中に見てほしい。


 宮里 龍治   Ryuji Miyazato  建築立体・平面  作家ホームページ   豊橋在住

 

 山口県生れ。24歳から手探りで建築空間を作る。並行して立体や平面作品の制作。約40年飽きもせず続けている事が、才能かなと、この頃考えている。


 宮林 さわ子  Sawaoko Miyabayashi 絵画(油彩)  作家ホームページ   豊橋在住


 2016年駒屋アートプロジェクトでは動きのある人体のフォルムと象徴的色彩で、現代の障壁画を油彩で描いた。駒屋の空間に生かされた絵画を発見する。さらなる試みとして2019年は、 現代陶芸家や舞踏家とのコラボレーションを20畳の和室で行う計画である。平面絵画が時間と空間を超え、駒屋にどう響き合うか…再び挑戦する。


 兼藤 忍  Shinobu Kanehuji  陶芸  作家ホームページ   豊橋在住

 

 自然のような無作為な作為、人のコントロールから開放された形、縄文土器のような工芸やARTを超えた未分化で聖なるもの、根源的なもの、全てを含んだ総合芸術のようなもの、時には五感で体感出来るものを目指して・・様々な結界を超えてカオスの先にある宇宙を行ったり来たりするエネルギーは、断片化分断化されて傷ついてしまった様々な現実世界を再生し癒す力があるはずです。作品を体感し新しい時空間を共有して頂きますよう 願います。 


 田口 友里衣   Yurie Taguchi  ガラス造形  作家ホームページ    豊橋在住

 

1985年 豊川市生まれ 名古屋芸術大学美術学部ガラスコース卒業 2013年 アクセサリー部門をtaionglassとして独立u。現在豊川市でトンボ玉の教室を運営、出張講座なども行っている。


 中谷 ゆうこ   Yuko Nakaya  現代美術 作家ホームページ    東郷在住

 

 すべての人間が意識下の魂の部分で繋がっていると信じている。意識下の世界は、うまれたばかりの魂の宿る無垢な場所である。心の中のあらゆる境界を越えたい。作品の中に入って来てくれた人の感覚や概念がゆらりと揺れ、自分を閉じ込めている殻から自由になれる、そんな場を作りたいと思っている。


 下村 訓子  Kuniko Shimomura  紙の造形     名古屋在住

 

 布作品をつくる途上、布も繊維という形に戻せば、紙状態にできることに気付き、繊維造形に移行する。染時代から追い続けたテーマは、「土-大地]。私自身の原風景にイメージを求めている。


 瀬川 明子 Akiko Segawa  人形造形・彫刻  作家ホームページ    浜松在住


 私の「ひとかた」の基本成形は石塑粘土。顔や手や身体各部成形後、自然乾燥して磨いてその上から布(古裂:着物・縮緬・等)を貼ったり、ペインティングしたり、それぞれの作品に合わせて様々な技法で表現します。 


 原 歩   Ayumi Hara   鋳金彫刻     豊橋在住

 

 大学にて金属鋳造を学ぶ。延々、大学に在籍し続け制作をする。も、その後、美術を差し置き音楽活動する。も紆余曲折、2012より制作再開


 小島 雅生  Masaki Kojima  金属立体造形      豊川在住

 

 ロウ型石膏鋳造によるブロンズ作品や、溶接技法による鉄の作品等を主な素材として、インスタレーションや空間表現をおこなう。素材と現象が、空間や時間と共鳴・融合することを目指して。

えんがわボランティアを募集します!


 このプロジェクトは地域をはじめ多くの方々の支えや応援によって 成功するものと思われます。来年4月よりボランィア募集を行 いますので、 お手伝いできる方は登録をお願いします。詳しい内容につきましては 後日ホームページにてお知らせします。